スクラップブッキング専門雑誌
楽しいスクラップブッキング用品たち





スクラップブッキング 作り方

スクラップブッキングの作り方 part2

写真を数枚ピックアップできましたか?

それでは、スクラップブッキングの作り方パート2です。

スクラップブッキング関連商品はこちら

選んだ写真の中から一番強調したい写真を選びます。

普通、選ぶべき写真は・・

・写真の構図がいい

・ライティングも最高

・色も鮮明

・ピントもずれていない

という写真が選ばれるでしょう。

強調したい写真として選んだ写真を中心にスクラップブッキングします。

そうすれば、テーマから外れたり、突然意味不明の写真が飛び出してくることもありませんよ。

スクラップブッキング関連商品はこちら → スクラップブッキング

スクラップブッキング 作り方

スクラップブッキングの作り方

スクラップブッキングスタート!

写真を仕分けし、スクラップブッキングに必要な道具を用意したら、さあ、始まりです。

人生最初のスクラップブッキングに挑戦してみましょう。

テーマを決めて、同じような写真を数枚集めます。

スクラップブッキング関連商品はこちら

例えば、大好きな飼い犬のロビン(コリー犬)のスクラップブッキングを作ることにしましょう。

ロビンのアップの写真1枚、

ロビンの全体写真を1枚、

ロビンが公園を走っている写真が1枚、

を選んだとします。

ロビンが写っている全ての写真をスクラップブックアルバムに入れないといけない!と思う必要はありません。

自分にとって意味のある写真やきれいに写っている写真を選んでください。

どの写真を選んだらいいか迷った時は、最近撮った写真を選ぶといいでしょう。

最近撮った写真であればどんな状況で撮られたのか、どこで撮ったものなのかがはっきりしているのでスクラップブッキングを作りやすいのです。

スクラップブッキング関連商品はこちら → スクラップブッキング


スクラップブッキングに挑戦mainへ戻る

スクラップブキング 素材・用品

スクラップブッキング用ペン

スクラップブッキングで使うペンは

記録用のペン



良質なペン

がいいでしょう。

スクラップブッキングのペン関連商品はこちら


というのも、何十年後に自分の孫があなたのスクラップブッキング作品を見たときに、しっかりはっきりと文字が残っていなければ意味がないからです。

数年で色あせて文字が見えなくなってしまうようなペンではダメなのです。

記録として書き記した

撮影場所

撮影時間

写真の登場人物

その時のエピソード

などが数年後でもはっきりと読み取れなければなりません。

水に強く
色あせせず
速攻で乾き
紙にインクがにじまない

ペンを選んでください。

匂いのするペンも避けてください。

「写真用」という黒いペンは一番無難なチョイスだと思います。


スクラップブッキング用ペン・ライター




スクラップブッキング関連商品はこちら → スクラップブッキング


スクラップブッキングに挑戦mainへ戻る


スクラップブキング 素材・用品

スクラップブッキングに必要な素材・用品

スクラップブッキングの準備が整いました。

(準備についてはスクラップブッキングを始める前に をご参考に)

さあ、お楽しみの始まりです。

●お気に入りの写真をスクラップブックに貼りましょう!!

まず、スクラップブッキングを始めるにあたり、最低限必要な物たちをリストアップしてみました。

1)アルバム

2)ハサミ(またはトリマー)

3)糊(写真を破損しないもの)もしくは写真コーナー(角に付ける三角シールのようなもの)

4)良質なペン

これらが整ったら写真の選定です。


スクラップブッキング用 アルバム




スクラップブッキング用 はさみ




スクラップブッキング用 のり




スクラップブッキング用 ペン・ライター




スクラップブッキング関連商品はこちら → スクラップブッキング


スクラップブッキングに挑戦mainへ戻る

スクラップブキング 素材・用品

スクラップブッキング用糊

スクラップブッキング用のアルバム同様にスクラップブッキング用の糊も

「アシッドフリー」(=酸性のものが含まれていない糊)

がいいでしょう。

後々写真をはがしたり、他のアルバムへ張り替えるというのがわかっているのなら、スクラップブック用の糊を使わずに、写真用の三角コーナーを使うのがいいでしょう。

これなら写真を傷つけることはありませんし、簡単に写真の取り外しが行えます。

写真用のコーナーは紙製の物もあればプラスチックの物もあります。

ほとんどの場合、既に糊が付着して状態で販売されていますので使い勝手がいいです。

昔は白の物が主流でしたが、今ではいろんな種類があるようですよ。


スクラップブッキング用 のり




スクラップブッキング関連商品はこちら → スクラップブッキング


スクラップブッキングに挑戦mainへ戻る



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。